本文へスキップ

パソコントラブルなら無料相談でアドバイス!キャロミィーPCサポートへ

日本国内のお客様。お掛け直しします!
TEL082-205-7730

再起動を繰返す場合のエラーの表示方法

Windowsが起動を繰返す場合、下記の手順でエラーの特定する方法を解説しております。
弊社へのお問合せの際、事前にエラー番号をお知らせいただくことで、正確なご案内が可能となります。

手順 (windows7を対象に記載してあります)

詳細ブートオプションの表示
パソコンの電源が切れている状態であることを確認。
電源ボタンを押すと同時にキーボードの[F8]キーを連打(1秒間に3回を目安に)
画面(ブラック)で白文字の表示が出ましたら[F8]キーを押すのをやめる。
表示画面
下図のような表示が出ればOKです。
尚、パソコンメーカーによっては押すキーが異なる場合があります。
その場合、メーカーサイトでご確認下さい。

(SONY製のXPはF5キーの場合もあります)
画面が表示できない場合はプログラム自体がなくなっている場合もあります。
この詳細ブートオプションでは既に[コンピュータの修復]が反転表示されていますが、メーカーによっては表示された画面が違う場合がありますが、ほとんどのパソコンは[Esc]キーを押すことでこの画面表示になります。
オプション表示画面windows7
特記事項:パソコンをセーフモードで実行する場合はキーボードの上下矢印キーでセーフモード又はセーフモードとネットワークを反転表示させて[Enter]キーを押せばセーフモードでパソコンが起動されます。

エラーの特定
上記の画面で既に選択されていますが、キーボードの下↓キーを押して
システム障害時の自動的な再起動を無効にする]を反転表示させます。
[Enter]キーを押しますと、Windowsが起動します。
エラー番号の表示結果
再起動はされませんので、画面にはブルースクリーンでエラー番号が表示されます。
例:STOP: C000021a
再起動を繰返す場合の注意
パソコンの使用は避けてください、この状態での起動はパソコンを致命的に悪化する場合があります。

前のページに戻る

  キャロミィーPCサポート

〒732-0016
広島県広島市東区戸坂出江2-6-1

TEL 082-205-7730

Mail support@kyaromiy.com

お客様が日本国内にお住まいなら...

無料でお掛け直しします!

最初にお電話を頂いた際は通話料金はお客様の負担になりますが。
すぐにお掛け直しします。
※無料相談の通話料金!無料!
※時間制限なしの無料相談!


パソコントラブルなら
どうぞ弊社の【無料相談】をご活用下さい。